ムダ毛の自己処理

いつまでムダ毛の自己処理を続けるんだろう

ムダ毛処理は女性の身だしなみとは分かっていても・・・

ムダ毛の処理に時間を取られたくない


私は10代の頃から剛毛なムダ毛に悩まされ続けてきました。
中学生の頃から、少しずつ太くて堅いムダ毛が生えてくるようになり、とてもショックを受けたことを覚えています。

 

母は処理をしていなくても大丈夫なほど、ムダ毛が生えておらず、腕も足もツルツルで羨ましいほどでした。
その反面、私と言えば剛毛なムダ毛がだんだんと増えてくるようになり、ムダ毛の処理方法にとても悩んでいました。
自分のお小遣いには限りがあるし、何よりもムダ毛で悩んでいるなんて、とても恥ずかしいことだと思っていたからです。

 

肌への負担や刃の危険性から、母にはカミソリで処理するのではなく、ムダ毛の色を抜いて目立たなくする方が良いとアドバイスされましたが、
毛を脱色させても、元々の剛毛は直らないので、ゴワゴワチクチクしたままなのが嫌だったのを覚えています。

 

高校生になった頃からは、自分でカミソリでムダ毛を処理し始めましたが、剃っても剃ってもすぐに生えてくるのが嫌で堪りません。
すぐにチクチクしてきて、短い黒いムダ毛が点々と肌から透けて見えるのがみっともなくて嫌です。
それは今でも変わらず、キレイを保つならば、毎晩カミソリで剃らないとダメなんです。

 

けれど、今は育児で手一杯で、幼い子どもと毎晩お風呂に一緒に入っているので、なかなかムダ毛の処理に時間はかけられず。
ムダ毛の処理に時間を取られない人生を歩んでみたいと心の底から思っています。

 

この記事に関連する記事一覧